この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

86

新田りょう

ここまで目を通して下さり有難うございました。
この物語はここで終了となります。
※投稿時のミスにより途中で話が切れた状態で投稿されていたので再度投稿しなおしました。(11/18)
<あとがき>
お…終わった…。
自分で課した投稿期限が毎回ハード過ぎて常にドキドキしていましたが、何とかここまで仕上げることが出来て良かったです。
前後半パートで特色をガラッと変えようという考えはもともとあり、前半はなるべくだらだらと代り映えのない日常が続く感じにしようと思ったら、それはもう4コマだろうと。
しかしいざ手を付けてみると4コマ作りのあまりの難しさに驚愕いたしました。
そんなこんなで後半パートも含め拙さがもろに出ている作品となっているにも関わらず、ここまで目を通して下さった皆さんには本当に感謝しかありません。有難うございました。
またいつか違う作品でお目にかかれたら幸いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

5