この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

0

ナオキック

ニャニャーナ殿は、前世の記憶がありますか?
僕はまったくありませんが、君に会ったとき、ビビッときたので、
きっと君と僕は恋人同士だったと思います。
君はまだ気づいていないみたいだね?まあいいや・・・
君は子どもの頃、どんな女の子だったの?
僕はただ毎日が楽しくて、公園を走り回っていました。
でも、次第に遊びにあきて、考え始めたんだ、
『何をしているときが、マジで一番楽しいのか?』を。
僕は、ヤツと闘っているときが、一番興奮する!
ヤツとは、前世からの永遠のライバル「トラポンタ」です。
彼の目を見た瞬間『コノヤロー!!』と思ったね。
きっと前世でも闘っていたんだ。そして今世でもまた闘う運命にあった。
お互いの魂を磨くために!!そして、次の転生を さらに光らせるために!
君たちに こうしてまた出会えたことにワクワクしている。
そして、この人生でしか体験できないことを追いかけていくよ!ではまた。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ