この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

13

amada

ディネ:どうも皆はん。わっちウンディーネいいますぅ
    アクアマリンの幻獣で泳ぐのが大好きなんよ~
    これから呼ばれた時はどうぞよしなになっ
フェン:……
ディネ:い、怒りは収まりましたか? フェンリルお姉さま…
フェン:…っ! ご主人!(ビュロロロロ)
ディネ:おわっと! いってもうた…
    お姉さまもご主人はんのことになると…
    さて、わっちも行きますか…ほなな~

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ