この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

14

amada

バハム:……
フェン:……
バハム:……
フェン:…あの、とりあえず自己紹介でもしたらいかがでしょうか? バハムート?
バハム:…うむ。我はバハムート。瑠璃石の幻獣にして三神の一柱だ…
フェン:…
バハム:…
フェン:…え? それだけ、ですか?
バハム:特に聞かれたこともなし…他に何を話せと?
フェン:…えー…少々寡黙な兄ですが、皆さま以後よろしくお願いいたします
バハム:…うむ

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ