この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

34

大塚春秋

前回の7話を上げてから
まさかの応援数が一気に100増えました。
びっくりしました。
私が寝ている間に
たまーに連続して大量に応援ボタン押してくれる
妖精さんがいるのは知っていたのですが
こんなに一気に増えた事はなかったと思います。
も~言ってよ~!
これじゃあ玄関にただお土産置いて帰るのと同じだよ~!
来たなら言ってよ~!
直接お礼言えなかったじゃ~ん!

一気に100増えたのが嬉しく
少々取り乱してしまいました。
ありがとうございました!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ