この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

33

山口フタム

読者の皆様、大変お待たせいたしました。
エピソード10ができあがりましたので、お届けいたします。
わたくしのマンガの世界は、静かなファンタジーで、少し本当のことも織り混ざり、創られています。
今回のガブちゃんの松葉杖で歩む姿には、美大でいつも見つめていたわたくしの恩師の面影を重ねています。
自然の美しい光景は、いつも私達を慰めてくれます。
吹き抜ける風は、心の中の悲しみや不安を吹き飛ばし、癒やしてくれます。
ゆっくりと製作させて頂いています。
無理なく楽しく!を忘れずに、これからも描いていきます。
宜しくお願いいたします(^^)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ