この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

30

トムル

トオリルがケレイト族のカンになってからというもの、次々と自分の兄弟を殺していくのを見たエルケ・カラは兄トオリルを見限り、ナイマンへ亡命する。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ