この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

778

ひろの亮

閲覧とコメントをありがとうございます^^
このマンガはクズ男を愛でる作品…では決してありませんが、私が無類のクズ男好きのために暴走しようとする右手をがんばって左手で食い止めています。ネクタイをひっぱりたい人生だった。
今後も生暖かく見守ってください(ー人ー)

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ