この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

275

Dr.ジンゾー

お待たせいたしました。
記憶のメカニズムについて、かなり簡単に説明してみましたが、いかがでしたでしょうか? 読み飛ばしていただいてもストーリー全体には影響ありませんが、記憶移植という本作の根幹をなすアイテムが単なる絵空事ではないんだ、ということが伝われば幸いです。
次回は、坪田家の人生を軽く描いた後、いよいよクライマックスに向けてジェットコースターが動き始めます。乞うご期待!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ