この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

659

りうち

今回も読んで下さってありがとうございます。
学生時代から宮沢賢治先生が大好きで、子供達に夢や希望を与えられるような絵本作家になりたいなって思ってた時期があります。
でもいざ活動してみると・・・・・夢も希望も無いストーリーばかり浮かんでくるのです。脳内が漆黒です。
それはそれとして
最後の4コマで本編の内容吹っ飛んだとか言っちゃう読者様は廊下に立ってなさぁ~い。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ