この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

827

オオタニヨシミ

まだ世間が自粛になる前に、ねねにゃん初めてのピアノ発表会を経験しました。
舞台の本番は、普段のレッスンの何ヶ月分もの成長があると言われるようです。挑んだことで得られたものがたくさんあったと思います。
私が仕事に忙殺されていた時期で、ねねにゃん自身の頑張りがもちろん一番ですが、母は根気よくねねにゃんが練習できるように見守ってくれたおかげだと思います。
このピアノ発表会の後も、ピアノコンクールに向けて練習していたのですが、自粛でコンクールも中止に。
早く安心して過ごせつ日々が戻ってきてほしいですね。
ただの日常がゆるく描かれているスーパーねねにゃんは、気楽に読んでもらいやすいのかなと思います。
電子書書籍化もしているので、comicoから下げようかと思っていたのですが、しばらくはcomicoチャレンジで過去のものも全部読めるようにしておきます。
楽しんでもらえたら嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ