この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

140

特文

お久しぶりです。
なんで急に最初から?と思う方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、前の設定だと話がうまく進まねぇなと思ったので描きなおしました(あとトーン使ってできるだけ横読みの従来の形式でやりたかった)。
前回の話も消さずにとっておくつもりなので、違いを楽しんでもいただけると嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ