この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

61

内海まりお

■というわけで、
これであなたも確実に痩せられる!
そもそも他の人が出来ていることはあなたにも簡単に出来ます!
いや、私は劣った人間だからできない?
違うね。
あなたは思っている、
自分は特別な人間なのだ!
だからそこらへんの普通の人間とは違うのだ!
なんていう驕りがある。
■あなたは特別な人間ではない!
普通の人間だ!
あなたは劣った人間ではない!
普通の人間だ!
普通にやれば普通に痩せる。
ダイエットと言うと何か特別なことをしなければ、
という気持ちになるが。
特別なことは出来ません。
なぜならあなたは特別な人間じゃないからだ。
■え?以前「普通の人間はいない」って話をした?
知るかー!
それが貴様のダイエットになんの関係がある!
■え?「まりおさんはもちろん痩せているんですよね?」
うるさーい!
黙るデブよー!
怒るデブー!
ブヒー!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

5