この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

133

内海まりお

「なんであの人たちはマスクをしてないんだ!許せん!」
「のんのん、違うよ。怒っても仕方がない。マスクをして欲しいのならばマスクを与えればいい」
「は?なんで」
「はい、どうぞー」
「いや、そんなにあげたら自分のマスクなくなっちゃうでしょ?」
「大丈夫、すぐ回収するからね」
「どゆこと?」
「今あげたマスクの内側には毒が塗ってあるんだ」
「…え?」
「マスクは帰ってくる。マスクをしない者はいなくなる。一石二鳥だよね」
「…え?」
■さておき(さておかれた!)
突然思いついたので描いた番外編です。
イレギュラーな番外編なのに、
ちょっと物語が進んだような気がしてびっくりですよ。
才能がありますのです。
この漫画は特に物語とかないので別に進展はしませんが。
適当におやりなさい。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ