この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

442

内海まりお

■まぁ、ひとつに決めてそれが正しはずだと信じる方が、
ずいぶんと楽だから仕方ないねー。
でもそんな停滞した君の思い込みだけの正義を他人に押し付けるのはやめてくれ。
正義の味方は誰の味方でも無い、
自分の傲慢さを他人に暴力を持って忖度させる、
精神の未熟者なのだ。
さぁ、そんな青春の過ちの季節はとっとと過ぎ去らせ、
豊かな悪の組織の世界にいらっしゃいませ。
もちろん、ぬくぬくとしたぬるま湯の狭い世界で、
文句を言うだけの人生で終わることも止めはしない。
でもそれって楽しいの?

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ