この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4,248

笛冬

読んでくださった方々、前回共々、応援&コメントを残してくださった方々、常連の皆様、いつもありがとうございます。
最近、夢の中で味だけでは飽き足らず感触まで分かるようになってしまった作者です。(モフモフでした
今回は迷い込んだヘビじぃと猫の話でした。
こっそりと言いますと簪の軸の色が龍じぃの角と同じ色だったりします。(つまり…
ちなみに当たり前ですが良い子の皆さんは野良ヘビを見かけても絶対に近づかないようにしましょう。
今後とも気にかけて頂ければ(略
11/12追記…誤字があったので訂正しました。
その間閲覧できなくなっていたと思います。申し訳ありません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ