名前のない女

  • エミリー・リチャーズ/佐伯かよの

  • ハーレクイン

4年もの間、セリーは逃亡を続けていた。変装をして偽名を使い、ヨーロッパを転々として。すべては莫大な財産の相続人である彼女の命を狙う、何者かの手から逃れるため…。カフェに来た客を見てセリーは息をのむ。あとをつけてきていた男性だわ。上等な服装の端整な顔立ちをした彼は、殺し屋には見えないが可能性はゼロではない。急いで帰ると変装し、セリーは列車に駆け込んだ。ところが、突然声をかけられる。それは、あのハンサムな客だった。もう逃げられないの?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持