のちの物語

  • 坂田靖子

  • 夢幻燈コミックス

魔力を失ってしまった魔法使いがいた。小国の王で誠実な人柄の王がいた。ふたりは固い友情で結ばれていた。魔法使いの名はヴァルカナル。王の名はツヴァス。このふたりの剣と魔法の大冒険を、本格ハード・ファンタジーとしてお届けいたします。 魔力を失ってしまったヴァルカナルだったが、この事は秘密にされていた。魔法使いの名は広く知れ渡っていたので、この国・ケルウォースを侵略する者はいなかった。そして、ふたりは平和な日を送り、いつものように食事をしていた。だが、ふとした会話からヴァルカナルの寿命があとわずかだとツヴァスは知る。驚いたツヴァスは、ヴァルカナルに療養を勧める。面倒がっていたヴァルカナルだが、なんとか温泉で治療を始める事に。だが……!?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持