鉄砲玉と必然の恋

  • 蝶野飛沫

  • ビズ.ビズ.コミック

命のやり取りを越えて、秘密な恋が始まる――。
八代組組長、間槐人はある夜馴染みのバーで不思議な青年に出会った。カクテルを味わうこともなく、間のことをうかがっている。ふたりが立ち上がる瞬間、華奢なナイフの銀色が光り……「彼」はライバルの組から差し向けられたヒットマンだった。「こんなに細いんじゃ、酔いもまわるな」ネオン街の路地で間の詰問が始まるが?「ボスを売らないのは気に入った」それが快楽を帯びる甘い酷い行為に変わっていく。ヤクザと命のやり取りと、せつない恋が交錯する、愛任侠劇場、第1話。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持