贈る人(伊藤潤二コレクション 66)

  • 伊藤潤二

  • 朝日新聞出版

町の人々に十数年間も不気味な木彫りの人形を配り続けている青年がいた。人々から拒絶されながらもそれをやめない青年を、久々にこの地を訪れた催眠術師が目撃する。彼は、かつて自分が催眠暗示をかけた息子だった。青年を監視し催眠術師が導きだした驚くべき仮説とは?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持