合鏡谷にて(伊藤潤二コレクション 113)

  • 伊藤潤二

  • 朝日新聞出版

ふたつの県を挟んで流れるK川を上流に遡るとやがてうら淋しい峡谷に辿り着く。この峡谷の両側にはかつてふたつの集落があったという。この村を調べに来た岡田とその仲間は、村に散乱するガラスのような破片と、村のあちこちにある割れた鏡に疑問を持ち始めた。いったいこの村でかつて何が起こり、何故朽ち果ててしまったのか…。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持