玄界遊侠伝 三郎丸 愛蔵版

  • 畑中純

  • ゴマブックス

10歳の少年・足立三郎丸は終戦間近の昭和20年8月、福岡県の玄界灘に浮かぶ孤島・神対島で暮らしていた。終戦を迎えた日本で、海女の母親と強くたくましく成長していく三郎丸の姿を描く!
三郎丸が住む玄界灘の神対島にも敗戦の荒波が押し寄せてきた。時を同じくして、ほほえみ善次郎が率いる玄海一家の縄張りの神対島に、後藤寺組が参入してくる。善次郎と海水での兄弟盃をかわしていた三郎丸は――。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持