柔侠伝

  • バロン吉元

  • ゴマブックス

九州の小倉から帝都にやってきた、不遇な武道家の息子、柳勘九郎。父の無念を晴らすべく、講道館に挑む。明治期から大正の時代を生きる人々の姿、その想いを鮮明に描く。目次女掏模栄吉熱海の決斗濁流メリケン泥と鬼刑事自転車様のお通りだい日々や焼打ち事件根岸競馬オルガン小町吠えろ!黒潮二百十日都の西北女山嵐暗雲

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持