あたし、時計

  • 小田桐圭介

  • ナンバーナイン

私は時計。山に囲まれた村の端っこに立つ時計。これまでもこれからも、黙ってみんなのために時を刻む、それだけが私の役割。でも、私、どうしてここにいるんだろう……? 仲間はずれにされた者達の悲しみを謳いあげる表題作に、放浪する少女の出会いと別れを描く『黒い服の少女フレン』を併録。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持