財津家の花嫁

  • 花門トキコ

  • 笠倉出版社

望まない結婚を強いられ、亡くなった母の友人・瑛一おじさまに助けられた蝶子。
瑛一の婚約者と偽り財津家にしばらく身を置くことに。そこには彼の大学生の息子・才が。
口も態度も悪く傲慢なお坊ちゃまだけど、才の描く絵はすごく素敵で一瞬で目を奪われてしまう。
もっと見てみたい、と離れのアトリエに通うことにした蝶子。
次第に、絵だけじゃなく才にも惹かれていって…。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持