あいつと俺の「好き」の顛末

  • アオヒトヒラ

  • 笠倉出版社

幼い頃の初恋を忘れられないまま十年も気持ちを燻ぶらせていた賢一。
女々しさを感じつつも手放せない想いを持て余していたある日、隣の部屋に初恋相手のはるが引っ越してきた!
「けんいちとまた会えた…これって運命かな…(ぽわぽわ)」
「……(カワイイ、なんだこれ…天使か?抱きしめたい!キスしたい!!)」
気持ちを自覚してからというもの、誰にも気づかれないようにしてきたせいで賢一の表情筋は全く機能せず、顔だけはクールなまま。けれど昔と何も変わらない天使のようなはるの可愛さに脳内は激しく動揺していて…!?
顔だけクール脳内賑やか男子×ぽわぽわ天然系男子の十年越しの初恋。二人の気持ちの行方とは…?

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持