旅路の果てに

  • ペニー・ジョーダン/浜田理枝子

  • ハーレクイン

マリアンは赤ん坊を抱え、やっとの思いでベルフィールド・ホールの屋敷にたどり着いた。この屋敷の主人ヘイウッド・デンショーには恐ろしい噂がある。なんでも街を牛耳る暴君で、跡取りから屋敷と工場を奪ったというのだ。マリアンは自分を奮い立たせた。わけあってどうしてもここで働かせてもらわなければならない。その時、この屋敷の家政婦と主人らしき男性が出てきた。彼の冬空のような冷たい視線がマリアンを捕らえる。さぁ、言うのよ。雇ってほしいと!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持