症年症女

  • 西尾維新・暁月あきら

  • 集英社

無個性に溢れた世の中で生きる、とある少年は、「十二歳で必ず死ぬ」という新病に罹ったと宣告される。そんな折、とある少女に出会うのだが──。これは、少年と少女に降りかかる、文字通り、命懸けの物語。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持