星の道標

  • 辻村弘子

  • 講談社

真琴の恋人・和臣と、兄・佑二とは山仲間で昔からの知り合い。そんなふたりが、冬山で遭難し、兄だけが帰らぬ人となってしまった。それ以来、和臣は心を閉ざしてしまい、真琴との婚約の解消を口にする。真琴は苦しむ和臣に必死で手をさしのべようとするが……。そんな時、兄と同じ山に登っていた梶が真琴の前に現れ──。そして、和臣は真琴を置いて、また山へ向かう。"愛する"ことの意味を問いかける、傑作短編集!!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持