空気の存在

  • 定広美香

  • 双葉社

「セ○クスする度、僕らの間に秘密がなくなっていくような気がする」アメリカの大学で行われたアイスホッケー部の試合で、殴りあいのケンカを始めたチーム メイトのタブとドック。しかしそれは仮の姿。ふたりは愛しあっていた--。直情的なドック、冷静なタブ、愛しあうがゆえに破綻ギリギリまで追い詰められる ふたり。空気のようにそこにいるだけでいいのに、求めすぎては壊れそうになる…。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持