メメント・モリ-生と死の交差点に愛があった-

  • 矢島正雄・はやせ淳

  • 双葉社

人は生まれ、いつか死んでゆく。大切な人がこの世を去る時、残された者は何を見つめ、何を想い、そして何を胸にしまい込んでいくのか――。『人間交差点』の矢島正雄と社会派漫画の旗手・はやせ淳が描く、かけがえのない«愛»の物語。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持