徒花ラメント

  • 秋月ルコ

  • 一迅社

真面目さだけが取り柄の香作は、ある日、七年前に突然姿を消した兄に間違えられる。腕をつかんできた相手は町の仕立て屋の主、名を阿賀田灰青。飄々とした顔で愛を囁く灰青に戸惑い惹かれながらも、香作にはその手を取ることができない理由があった――。愛を恐れ拒む者、愛を誉れ謳う者。ふたつの想いが絡みゆく、ゆめゆめ恋噺。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持