ふたしかな僕たちは、

  • さがのひを

  • 一迅社

こんなに切ないのも、こんなに苦しいのも、きみを好きなせい。タケルとトモヤはお互いに想いを寄せながらも、その恋心は「何より気のおけない友達同士」という関係の中にたゆたうままだった。しかし、トモヤの身に起きた「ある事件」によって二人の関係はいびつに歪んでいく。二人の親友のウツセ、大人しいゲイのクラスメイト・ハタ、四人の想いがジグザグと交錯し、絡まり合う…。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持