緋色の女

  • 汐見朝子

  • 双葉社

親子ほど離れた年下妻にかしづいて暮らす男。夜毎の禁断の悦びに溺れていく女。愛しいほどに残酷に、ふたりの愛が交差する……。表題作「緋色の女」ほか、「紫苑色の女」「光ほのか」同時収録。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持