アニバーサリーの国のアリス~時計屋~

  • 藤丸豆ノ介・QuinRose

  • 一迅社

「時計のことを知っていたのにここに居続けたのは-、私への同情のつもりか・・・・・・?」 気難しい時計屋とアリスの恋。 ぶっきらぼうな、堅物。 でも、不器用な優しさに触れるうちに・・・・・・。 刻一刻と帰る時間が迫る中、時計屋とアリスの関係は深まっていく。砂時計の最後の一粒が落ちるまでに、答えは出るのか。 とっても危険で、とびきり甘い、不思議の国のラブストーリー。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持