嬌声は潮風にのって

  • 神代京子

  • 宙出版

「俺たちが気持ちよくしてやるよ―――」浜辺にとめた車の中で、欲望に目をギラギラとさせた男たちの手が私を裸にし、淫猥にうごめくいくつもの舌が敏感なあちこちを絶え間なく刺激した。それは真夏の夜の悪夢。汚れた私は、もう普通の恋なんてできないの…

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持