きみが泣いたから

  • 井上ナヲ

  • 大洋図書

引っ越して間もない頃、川俣がベランダにいると紙の欠片が空から降ってきた。そこには「好きです」「先生」という文字。そして、押し殺すように泣く声が聞こえた。川俣はその声がバイト先の先輩・小菅のものだと知る。それ以来、小菅から目が離せなくなってしまう。そんなある日、小菅が「先生」と呼ぶ人が現れて……

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持