勝田線の女

  • 長谷川法世

  • グループ・ゼロ

人物もフキダシもなく劇画の形態を逸脱した実験作を始め、男と女の関係から生じる人間の営みを生々しく描いた短編集。表題作「勝田線の女」の他に「濡れてお別れ」「枯れ葉の上の朝の肌」「美助っ人」「揺れて」「裸々売(ララバイ)」「湿った気球」「悲しき玩具」「ピ・エ・ロ」「暗渠涸れても」を収録。

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持