Love Silky 指で濡らしてショパンのように

  • こきあいりん

  • 白泉社

耳が性感帯だとおしえてくれたのは先生だった。ピアノを習いながら先生の声に快感を覚える私…。でもある日突然、先生との別れが訪れて、私はその後、彼の母校に入学、穏やかな大学生生活を送っていた。しかしそこに先生が凱旋帰国!? 私が最近 気になっている彼と、先生との間になにか確執があるようで…? メロディアスでエロカワイイ読切47P!(この作品はウェブ・マガジン:Love Silky Vol.58に収録されています。重複購入にご注意ください。)

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持