塔を守る貴婦人

  • シャロン・シュルツェ/牧あけみ

  • ハーレクイン

城主だった父を亡くして以来、男装して領地を守り続けてきたジュリアナ。母の遺した美しい貴婦人のガウンに袖も通さず、ささやかなレディのたしなみと言えば、香りのよい石鹸をそっと使うことだけ――。そんなジュリアナがある晩、危険を知らせる音を聞き森へ向かうとひとりの男が倒れていた。深手を負ったその男を塔へつれ帰るが意識を失ったままだ。でもほんの一瞬、目を覚ました彼の青い瞳に、彼女のハートは完全に射貫かれてしまう。なんて美しい男性なの…!

コインが不足しています。購入しますか?

coin 所持