お知らせ

[ノベル紹介]先読みで最終話まで公開中『零番線特急』大特集!



沸々と湧き上がってくるような人間の怖さが魅力、
ホラーミステリーの零番線特急の魅力をお届け!

キャンペーン


先読み完結を記念して、なんと期間限定で22話まで無料に!?
キャンペーン期間:9/20(水)23:00~9/27(水)23:59

読んだことがない人はいまがチャンス!
もう読んだ人も読み直して隠された伏線を見つけよう!



零番線特急ってどんな話?


学校からの帰り、いつものように電車に乗り込んだハルトとケイ。
しかしその電車は、乗ってはならない電車だった。
車窓の景色はどんどん不気味なものに変わっていって……。
「お降りのお客様はご愁傷様です」

奇妙な車内アナウンスとともに、全く知らない現実とは思えない駅に停車する……。



現実とは思えない駅も作品の魅力!
出てくる駅をちょっとだけご紹介

『さかさ駅』
何もかもが鏡に映したように反対の駅。
反対になっていること以外は普通の駅で……?

『うみ駅』
海の上にぽつんと存在する駅。
降りるべき街がないように見えたが……。

ほかにも薄気味悪い駅に到着する零番線特急。
この電車に乗ってしまった理由は?
この駅はどうしてこんな奇妙な景色なのか?
どうやったら現実の世界に戻れるの?
様々な謎や思惑が交錯し、行き着いた結末とは。




零番線特急

木曜連載
作者:夏目晶


その電車は、乗ってはならない電車だった。
停車駅はどれも現実離れした不気味で危険な駅ばかり。
生き延びるためには、発車時間までの限られた時間で、不気味な駅に降り立ち、食料を調達しなければならないという。
7人の乗客たちが耳にしたのは……
「お降りのお客様はご愁傷様です」




【注意事項】
・本イベントは予告なく変更および終了させていただく場合がありますので予めご了承下さい。