お知らせ

[ノベル紹介]【11月】comicoノベル編集部が選ぶベストチャレンジ作品



チャレンジ作品を編集部からのコメントと共にご紹介!

最後に、各スタッフから「今読みたいノベル」の一言もあるので、ぜひチェックしてね♪

=特に良かったところ

2LDKの花くん

朝葵愛

2LDKの花くん

作品紹介

ジャンル:恋愛

編集部からのコメント:

【タイトルの付け方】
分かりやすいタイトルですが、物語の内容までは読み取れないタイトルです。
もう少しインパクトのあるものにすると読者さんが手に取るきっかけになると思います。

【題材の良さ】
幽霊との同居というのは珍しいものではありませんが、口は悪いけれど人がいい主人公や、憎めない花くんのキャラクターが、姉と弟のような関係になっているのがポイント!
題材を上手く生かして、ほのぼのするラブコメになっているのが良いと思います。
せっかく設定があるので「花くん」の名前の由来のように、ホラー要素をネタとしていれてもいいかもしれません。

【読みやすさ】
地の文とフキダシはバランスよく配置されていてとても読みやすいですが、話によってはかなり短い話もあり、少々物足りない印象です。
二人の関係や花くんの謎に言及するような展開をちりばめていけると、もっと続きが気になる展開になると思います。

【まとめ】
キャラクター設定や1話内でのテンポの良さが魅力的な作品ですが、作品全体の構成がもったいない印象です。
構成を変えて、物語全体の目的を明確にすることができれば、もともとの読みやすさと合わさってもっと素敵な作品になると思います。

編集:カルビ☆kondo


封奇図書委員会

白鳳

封奇図書委員会

作品紹介

ジャンル:学園

編集部からのコメント:

【タイトルの付け方】
どういった物語か妄想が膨らみました。読む前は少し硬い印象をもってしまいますが、実際に読んでみると個性豊かな登場人物が多く、いろんな表情のある作品です!

【題材の良さ】
紙が貴重な時代という設定だけでなく、具体化される様々な本の登場人物が組み合わさることで読み応えのあるもの作品になっていると思います。
本の登場人物のイメージも良い意味で壊してくれて、新鮮な気持ちで読むことができました。

【読みやすさ】
物語の設定上、説明文が長くなってしまいがちですので、読み返してみて省ける点があれば工夫されるともっと読みやすくなると思います。
登場人物の会話のテンポは非常に良いので、キャラクターに説明させる部分を増やしてもいいかもしれませんね!
一つのセリフが長くなりすぎてしまう場合は、いくつかに区切ってみてください。

【まとめ】
物語の構成が非常に上手で、登場人物も魅力的に描かれており、どんどん惹きこまれていきました。
本から飛び出てきたキャラクターに対しては丸ごと間違いなしのオススメ作品です!
定期的な更新もされていますので、今後も楽しみにしています。

編集:いたみん


先生と私の歪んだ日々

七星アオ

先生と私の歪んだ日々

作品紹介

ジャンル:恋愛

編集部からのコメント:

【タイトルの付け方】
「歪んだ」という言葉が人を惹き付けますね。
その分期待も膨らみますが、1話から先生が相当歪んでいたので(笑)、内容とも合っていていいと思います。
ただ少し説明的なので、もう一ひねりあるとより良くなると思います。

【題材の良さ】
先生と生徒という、文字通り以上の関係がなくて当然という間柄に「誘拐」というテーマを持ってきた点は良いですね。
ただインパクトが大きい分、内容の濃さが期待されるところですので、難しい挑戦だとも思います。挑戦していくのは良いことですので、これからの展開に期待しています!

【読みやすさ】
文字数が少なめの話もありますが、1話の長さも会話のテンポもよく、スラスラ読めます。
監禁されている様子が淡々と描かれているのはわざとだと思っていますが、もう少し監禁部屋の様子や近所の様子が細かく描写されてもよいと思いました。
近隣はどのような様子なのか、物音一つないのか、学校から離れた場所なのか、夏だが暑くはないのか…など。
生活の生々しさが感じられれば、「誘拐されている」という気持ち悪さがもう少し際立つと思います。

【まとめ】
テーマは1話のつかみはバッチリです。読み手の心にズドンと響くような、二人の思いや過去の話がこれから出てくることを期待しています!

編集:彩


人は同じ物ばかり食べていても健康に過ごせるのか

わたなべみわ

人は同じ物ばかり食べていても健康に過ごせるのか

作品紹介

ジャンル:エッセイ

編集部からのコメント:

【タイトルの付け方】
テレビの企画のような少し身体に危ないことをしている印象がありました…!
中身を読んでみるとそんなこともなく…面白おかしくあっさり読めるのでもったいない印象です。
もう少し端的で分かりやすくてもいいかもしれません。

【題材の良さ】
よくある同じ食材を…というのではなく、作者様が調理師であるという特性が生かされた健康的なチャレンジであったことがまた好印象です。
何よりお昼の固定ナポリタンがじわじわ笑いをくれて良いです♪

【読みやすさ】
とても読みやすい分量です。
写真もつい入れすぎてしまいそうなところを、必要な数だけの使用で文章を邪魔していません。
読者さんの疑問をツブしていくような工夫がとても良かったです。

【まとめ】
内容としては同じことの繰り返しというネタにも関わらず、ゆるいテンションながらとても工夫をされていると思いました。
1ヶ月と期間が限定されているので、「あと○話かぁ…」と思いながらストレスなくあっさり読めるのも良かったです。
また、18日目の擬人化に笑いました!次回はどんなチャレンジが来るだろう…とつい思ってしまう読後感であり、シリーズとして、次回がとても気になるところです!


最後に・・・
今、編集部が読みたい作品はコレ!

公式化への近道はコレ!編集部の視点をご紹介!


ベストチャレンジ作品は常に編集部でチェックしています!
1話あたりの文字数は1000~2000字くらいが読みやすいです。
テーマのおもしろさはもちろんのこと、1話あたりの引きの強さやテンポの良さなどを総合的に判断しています。
タイトルも重要です。パッと見ただけでどんな小説なのか、イメージが湧くものが好まれます。「テーマ」「引き」「わかりやすさ」をポイントに考えてみてください。
今comicoノベルに無いジャンルに挑戦している作品も大歓迎です!