お知らせ

[お知らせ]ドラマ「こえ恋」記者会見レポートをお届け♪


いよいよ、ドラマ「こえ恋」の放送が近づいてきましたね!
本日行われた記者会見に潜入してきましたので、レポートをお送りします!


Q.ドラマ初主演の意気込みを教えてください。
永野)
みなさんと協力して作っていく中で、私自身もすごく松原くんのことが好きになって、どんどん松原くんのことが知りたいなって思いながら撮影しています。
視聴者のみなさんにも松原くんの良さだったり、それぞれのキャラクターの良さを伝えられるように頑張りたいなって思っています。

Q.役作りの上で意識していることはありますか?
竜星)
今がそうじゃないとはいいませんが、激ピュアのころを思い出してそういう恋をしたな、とか振り返りながら演じてます笑。

Q.男性からみた「こえ恋」の見どころはどこでしょう?
竜星)
やっぱり男から見たら、「こえ」で恋をしてもらえるっていうのは、それが一番の魅力といいますか、見た目をぜんぜん知らなくても恋をしてもらえるならいいなって思います。
僕の役は激ピュアって言われてますけれど、他の登場人物も、みんなけっこうピュアなんですよ。
それが愛おしいし素敵だなと思える作品だと思います。

Q.実際に櫻井孝宏さんの声を聴いたときの印象を教えてください。
永野)
アフレコをヘッドフォンで聴いたときは、どう言っていいのかわからないくらいなキュンキュンな感じでジタバタしたくなるような「こえ」ですごく興奮しました。
自分だったのにゆいこになってしまった気分でした。
本当にすごいなって思いました。

Q.原作を読んだ感想は?
永野)
最初に読んだ感想は「こえ恋」っていうタイトルから入ったので、どういう意味だろうって思って。
「こえ」に恋するのかな、って思ったんですけど。
紙袋をかぶってるのがまず衝撃で、でも面白くて笑っちゃうんだけど、ゆいこの気持ちもわかるし、松原くんの気持ちもわかるし、それぞれのキャラクターの気持ちがわかって読みやすかったですね。
竜星)
紙袋をかぶっているっていうのが斬新というか面白いアイデアだなって思いました。
あとは本当に登場人物たちが初恋のときの気持ちのようで新鮮。
人の事は後押しできるけど、自分の事が押せないところが、この作品ですごく共感できる素敵なところです。

以上です!
7/8(金)の第一話放送が待ちきれないですね♪

なお、PVをまだ見ていない方は公式サイトをチェック!



©どーるる/comico/「こえ恋」製作委員会

単行本1巻は大好評発売中!
↓詳しくはこちら↓