みんなの応援

♥ 18,991

MARU-CO

楽器はピアノ6年、ヴァイオリン1年、ホルンを3年ほどかじってるんですが、特にピアノとヴァイオリンは小学生の頃に遊び半分で習っていたため、さほど上達しませんでした。

(決して家が裕福だったわけではないので、真剣にやらなかったことを後悔すると同時に、私がやりたいと言ったことは何とかしてやらせてあげようと、やりくりしてくれた家族に感謝しています。)

ホルンは中学生の頃に吹奏楽部で吹いていたんですが、2つ上の先輩に憧れていたので結構上達して、3年生の時はパートリーダーを務めました。
ピアノとヴァイオリンは上手い人は身近に居たのに「すごいなぁ」で終わって、目標や憧れを持つことはありませんでした。


振り返って思うことは、何かに憧れるって大切だなぁと。それだけで前に進める気がします。絵は身近な先輩から巨匠の画家まで沢山の憧れの人がいて、今でも私の道しるべになってくれています。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話