みんなの応援

♥ 28,661

青葵はる

読んで下さり、ありがとうございます。
たまにおじさんが「あーーーーい!!」と叫びながら、家の前を自転車でものすごいスピードで通り過ぎていきます。私も一緒に叫びたくなります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話