みんなの応援

♥ 40,583

サカモトトシカズ

お疲れさまでございます。

「気分屋さん」とか「がんばり屋さん」など、その人の状態をたとえる「○○屋さん」という言葉がありますが、なぜお店になってしまうのでしょうか?
それくらいのプロ意識でもって「気分」に任せていたり、「がんばって」いたりということなのでしょうか?
それならば私も「ネタ考える屋さん」で「それを描く屋さん」を「がんばり屋さん」でいきたいと思います。

次回も何卒よろしくお願い屋さん。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ