みんなの応援

♥ 8,692

勇夢将士

夏休みの宿題の如く、何事も追い詰められないと中々本腰を入れて動けない私には常に時計が欠かせません。ズレが命取りになると困るので、使うのはもちろん電波時計。…なのですが、机の上に置いてある電波時計がなかなか電波を受信してくれず困っています。部屋では受信できないようなのでベランダに持っていくのですが、それでも受信しやすい角度には差があるようで、時計を空へと掲げ右へ左へと振り必死に受信を願います。絶対にこの行動、誰かに見られたら何かの怪しい儀式に見えるな~と思いつつ…。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ