みんなの応援

♥ 6,196

勇夢将士

先週はTwitterキャンペーンへの多数の応募、本当にありがとうございました! 皆さんのご感想をエネルギーに変え残りのストーリーを頑張って描いていきたいと思います。
話は変わって、ヘビ取りの話…三週連続ですがお付き合い下さい。例の山でのヘビ取りのさなか、タイミング悪くバケツをひっくり返したような雨が降り始めました。雨雲地図アプリを確認すると、まさに自分のいる地点に赤いカミナリ雲のエリアが重なるところ。凄まじい雷音が稲光とほぼ同時に連続で響き、これは半径数百メートル以内に落雷してると危険を感じ東屋に退避するも、不安になり調べると東屋では落雷を防げないとのこと。でも外には高い木々、手に持つは長い棒(虫取り網)。逃げる場もなく本当の本当に死を覚悟しました。雷雲が去った後服の水を絞りつつ現地の方と話をしましたが、梅雨時には日常茶飯事だぜ!の一言で、やはり千葉県民はしたたかだと感じた次第です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話