comico
いつでもイヅル荘

25号室 絶望の中の希望?継都が語る、妖怪の大祭!

コメント

25 / 41 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

いつでもイヅル荘

格安家賃につられて入ったアパートは、妖怪の巣窟。人間だとバレると喰われてしまう!? 生きのびるために四苦八苦するヒロインだが、次第に妖怪の世界に巻き込まれていく。
あの世、地獄、妖怪の街…非日常が日常となっていく中でヒロイン・楓の運命は?なんでもありの万ごったにギャグ漫画!

作家コメント

こんにちは狐です。
7月になりましたね。 
早い所では、そろそろ夏祀りも始まり出す頃でしょうか。

去年の今頃は、毎日延々とニートの歌を
聴きながら自分に発破をかけていましたが、

今もたまに、「目が覚めたら僕はまだ12歳、
ラジオ体操に行って、スイカを食べながら涼しい午前中に
宿題をして…、午後は友達とプールに行って…
おもいっきり…遊ぶんだ…」っていうコピペが頭を過ります。

幼かった頃の祀りの夜、延々と続いているように感じた露店と
人混みの中を、もう一度思い切り駆けてみたいものです。

イヅル荘作中はまだ3月ですが、連載を続けて、いつか、
そんな「夏祀り編」を描いてみたいです。

明日は七夕。久々に短冊に願いを書きながら。今回も粛々と。

みんなのコメント(100)

この作品へのコメント投稿は終了しました。

お知らせ