みんなの応援

♥ 26,925

える子

虚実ないまぜということは私が生きているということ以外
全部フィクションかもしれない場合もあるということです。
ですが日本の技術革新が目覚しい発展を遂げているのはまぎれもない事実です。
自分でも何がいいたいのかよくわかりません。

今日も読んでくださるあなたに感謝です!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ